きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

アニメ

ネト充のススメ 第06回『恥ずか死んじゃいます!』

「盛岡さん、とてもかわいらしいですよ」今ここに小岩井さんがいなくてよかったと思うくらい、超かわいいですよ──自分に自信が全く持てない三十路の女にとって、桜井の発したこの言葉は強烈です。 三十路だって女の子としてみられることはうれしい だけど同…

ネト充のススメ 第05回『秘密トライアングル』

常々思っていることなのですが、ネットとリアルといった分類は、果たして正しいのでしょうか。だってほら、もりもりさんとか。 ネットでの付き合いとリアルでの付き合いがほぼイコールだし。 ええ、近所のコンビニのお兄さんはカンベの中の人でした。どんだ…

ネト充のススメ 第04回『まるで恋する乙女のような』

逃げる獲物はついつい追いかけたくなる人情がなせる業か、桜井優太は諦めが付かない。 一方、桜井からの食事の誘いを断ることで、すべてが片付いたと安心していた森子だったが、偶然にも等しい小岩井との出会いから、新しい面倒ごとを抱えてしまうことになる…

ネト充のススメ 第03回『臆病者な君と私』

<盛岡森子>……桜井優太には、その名前に心当たりがあった。勤務先の先輩の前の勤め先。そこで作られた職務マニュアルに書かれていた署名の主がそれだ。 その先輩<小岩井誉>は、なんと森子の写真を持っていた。間違いない、盛岡森子は、先だって自分がぶつ…

アイドルマスター SideM 第03回『飛び立つ勇気』

315プロ育成アイドル組から一番にデビューを飾ったのは、医師・弁護士・パイロットのエリートトリオによる異質のユニット<DRAMATIC STARS>だった。 ここまで順風満帆に思えた道程。しかし、いよいよ明日にはテレビの本番を控えたリハーサルの日、事件は起…

ネト充のススメ 第02回『私たちは何も知らない』

決してネトゲに限った話ではありませんが、ネトゲでは特に出会い厨は嫌われます。つらくて退屈な日常からちょっと離れて、純粋にゲーム(を通して気負わない付き合い)を楽しみたいだけのごく一般的なユーザたちからすれば、自分のプライバシーを侵して近寄っ…

ネト充のススメ 第01回『リアルは♀、ネットは♂』

実はこれね、原作の大ファンなんですよね。わたしもついこの間、お気に入りだったゲームのサービス終了を経験しまして、それ以外にもcomico連載当初からいろいろと、もりもりさん*1には共感して自分を重ね合わせてしまう部分が少なくなくて。だからずっと放…

劇場版・艦これ

いや、うん。アレよね。 最初からこういうのやれや! という。 うーんとね、テレビアニメ版・艦これが『テレビ版・必殺仕事人』とすれば、劇場版・艦これはちょうど『(劇場版)必殺!III 裏か表か』に相当する作品だと言えましょう*1。 わたしね、必殺シリー…

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? 第12回『ネトゲの嫁は女の子なんですよ!』

ネトゲ部は諦めない。 再び砦を奪還したあと、またそれを奪いに来るバレンシュタインを迎え撃つために、万全の準備を整えていた。 果たして、彼らはやってきた。 アレイキャッツは猫姫親衛隊とともに、砦を守り抜くことができるのか。 うん、まあ、守り抜い…

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? 第11回『他人任せで勝てると思った?』

ネトゲ部の文化祭展示としてのLA攻城戦勝利のために、一同は対人最強ギルド<バレンシュタイン>との同盟を結ぶ事に成功する。 しかしそれは、バレンシュタインによる罠 ── 彼らにとっては単なる一つの余興のため ── だった。ネトゲ部のギルド<アレイキャッ…

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? 第09回『お泊まりしたら仲良くなれると思った?』

夏休みの宿題をまったくやっていないと胸を張る亜子の始末を兼ねたお泊まり会のために、四人は会長の家に集合した。ただし、女の子ばかりのお泊まり会にまさかルシアンが参加するわけにもいかない。 代わりにやってきたのは、事もあろうにリア充クイーンの秋…

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? 第08回『ネトゲの旦那を諦めると思った?』

アカウントハックされてキャラクター<ルシアン>まで消去されてしまった西村。 愛着のあるルシアンがいなくなったことももちろんショックだったが、それよりなによりアコを“嫁”を泣かせた乗っ取り犯が許せない彼だった。 そんなとき、LA内での詐欺行為を自…

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? 第07回『海に行ったらリア充になれると思った?』

ようやく訪れた夏休み。その日はネトゲ部の合宿だった。 顧問の斉藤の運転で向かうは御聖院家の所有する高級別荘。 体育会系の斉藤にはナンカチガウと思わせる快適すぎる環境ではあるが、ともあれ『ネトゲでの体力を*1つけるために敢えてネットから離れる』…

あんハピ♪ 第06回『5月30日 みんなで遠足』

今日は楽しい開運遠足(?)の日。 はなこをはじめ、いつものメンバーも前日から楽しみにそのときを待ち望んでおりました。 吊り橋が抜ける 猿に橋を落とされそうになる お弁当を落とす 川に落ちる この程度のことは、いつものはなこのフルコース不運として織…

薄桜鬼~御伽草子~ 第02回『鏡』

ちんまい新撰組の二回目です。 今回はほとんど沖田と土方回ですね、相変わらずのキャッキャウフフっぷりがほほえましい。土方の顔に落書きしてみたり、居眠りしているところに金平糖をぶつけてみたり。 一方、鬼の風間はカステイラが食べたいそうで・・・・・・。…

ワガママハイスペック 第01回

いやもう、なんなんすかね、これ。てっきりここから30分続くんだと思ったらあっという間に終わってるし*1。 でも、この勢いはすごい。 おもしろい。バカでよい! 噂によるとエロゲ原作らしいですけれど、まあどうでもよろしいでしょう。ともあれ、これも最後…

あんハピ♪ 第01回『4月7日 不幸な入学初日』

なんでしょうねこれ。 ハイテンション? スピード感? エネルギッシュ?わけがわからない。なにがおもしろいのかわからない。でも、チョー楽しい!そんな『あんハピ♪』第一話目の放送でした。まんべんなく全般的に運のないはなこ。 決して報われることのない…

薄桜鬼~御伽草子~ 第01回『父さまを探して・・・』

ちんまくなった薄桜鬼キャラが、画面狭しとかけめぐるかわいい系アニメ『薄桜鬼~御伽草子~』のスタートです。 過去ログを見てもらえばわかるように、わたしは薄桜鬼は大好きでしてね。 久しぶりに勢揃いした新撰組の皆々様を目の前にして、些か興奮を抑え…

大家さんは思春期! 第12回『大家さんはやっぱり・・・!』

いよいよ最終回、チエちゃんともお別れです。 今回は、前回買ってもらった浴衣を着てお祭りに出かけるお話。 チエちゃんチョロいです。 まあ、女子中学生なんてたいていチョロいもんですが、その中でもチョロいです。 もっとも、成人男性はもっとチョロいみ…

大家さんは思春期! 第10回『大家さんは成長中?』

大きなおっぱいはねぇ・・・・・・大人になれば武器として使えるんだけど、小中学生のころは逆にコンプレックスでしかないのよね。 いやまあ、聞いた話ですけどね。わたしそんなないし。いや無いっていうか並だし! 聞いた話といえば、男子も似たようなものらしい…

灰と幻想のグリムガル 第09回『休暇の過ごし方』

今日は戦士達の休息の日。 彼らにとって、すでに日常とは戦いの日だ。 久しぶりに余暇を楽しもうにも、そのやり方を忘れてしまっているほどに、毎日ゴブリンと命のやりとりを繰り返していたのだった。 それでも、各々が思い思いにつかの間の平和を謳歌した、…

大家さんは思春期! 第09回『大家さんは変わり者?』

イヤ実際、チラシを見るのって楽しいですよ。 特に玉子ですね。10個入り98円とか。 これは買わないと! って気合いが入ります。 チエちゃんみたいに期限切れのチラシを読んで、ウォーミングアップはしませんけれど。 そういえば、中高生って、橋が流されても…

灰と幻想のグリムガル 第08回『君との思い出に』

わたし、ウィザードリィが大好きなんですよね。 だからというのか自然にそうなると言うべきか、それをリスペクトしているこの作品も大好きです。 特に今回のゴブリン戦。 見事な分業パーティプレイを見せてもらえて、とっても感激です。数人で組んで敵と戦う…

大家さんは思春期! 第08回『大家さんは銭湯通い!』

さて、お風呂回。 チエちゃんはしっかりと谷間ができてませんか。 なにげに大きいのかもしれませんね・・・・・・。 ときに、風呂上がりはなにがいいでしょうね。 フルーツ牛乳? コーヒー牛乳? 白牛乳? わたしはやっぱり、チエちゃんと同じくフルーツですかねぇ…

大家さんは思春期! 第07回『大家さんは料理人!』

カレーとかシチューとか、あるいは肉じゃがとか今回の豚汁とか、ついつい多めに作りすぎてしまうことあります。 油断すると、鍋に収まらないくらいに具を用意してしまったり、慣れていても目分量を間違えることはまれにあります。 さて、今回は料理同好会の…

大家さんは思春期! 第06回『大家さんは注目の的!』

キャラ弁。 幼稚園の子供を持つお母さんはたいへんらしいですね。色とりどりのおかずを散らして人気のアニメキャラの顔を作る。 その技術は、海外のお母さん方からすればプロの料理人の粋に見えるとか。 ま、まあ、はじめて作ってうまくいくものではないです…

大家さんは思春期! 第05回『大家さんはひとり好き?』

ぼっち。 それは中学生が最も恐れる状況と言えましょう。 一人のトイレ。一人のお昼・一人の体育・一人の帰宅。 特に群れることが大好きでしかたのない女子の場合には死活問題です。 しかし、チエちゃんは違います。 友達が少ないことを多少恥じてはいるよう…

灰と幻想のグリムガル 第05回『泣くのは弱いからじゃない。耐えられるのは強いからじゃない』

未だマナトの死を引きずる一行。 だが、時間は決して止まってはくれない。 彼らが悲しみに暮れている間にも、確実に財布は軽くなっていくのだ。 だが、ヒーラー抜きで戦闘に赴くなど、それこそ自殺行為。こんな見習いパーティに入ってくれるヒーラーなど、そ…

大家さんは思春期! 第04回『大家さんは世話焼き!』

やっぱり、仕事から帰ってきてあったかいごはんが待っているって、いいですよね。 かいがいしく働く可愛い奥さんに出迎えられて、一日の疲れもあっという間に吹っ飛ぶ気分でしょう。 わたし、料理けっこう得意ですよ。 専業主婦にどうですか。 ・・・・・・いや、…

だがしかし 第04回『ふがしとふがしと…』

ふがし。ふ菓子。麩菓子。 以前にも言いましたが、わたしはふ菓子が大好きです。近所のスーパーに置いてあるのは、今回作中にも出てきた『はちみつ入りふーちゃん』だと思いました*1。そうそう、確かに端っこのかりかり部分が美味しいんですよね。とまれ、聞…