きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

バイト終了

久々に夜のかき入れ時のシフトでした。
みなさんお暇なのか、お客さんの人数が信じられないほど多く、平日とは思えない混み方でしたね。


忙しさに目が回りそうで、今日はお客さんの観察をしている余裕があまりなかったのが残念。
なんとなく目に入ったのは、大学生風の二人の男性客かな‥‥。


向かい合って座っているのに、まったく会話がないんです。
だからと言って黙っているわけではなく、お互いどこかに携帯で電話をかけてそっちとばかり話していたのがふしぎな光景でした。
もちろん、少しは話すこともあったんでしょうけど、わたしが見た範囲では、電話してるか食べてるかのどちらかだけ。


どうなんだろうな〜とか思っちゃいましたね。
せっかくいっしょにいるんだから、目の前にいるひとと話す方がいいのに。
あ、電話してたのは彼女なのかな?
それなら‥‥それでも、ちょっと、と思っちゃうほどでした。


まあ、わたしと二人で話しているときにカレシから電話が来て、あっさりわたしを裏切って去っていく友達もひとりふたりじゃありませんけど。


あんまりいい気分はしませんよね〜。


男性同士も似たようなところあるのかな。