きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

ストレスのたまる週末

さて、昨日はフランスGPの予選でした。眠いなか夜中にテレビ放送を見ていたんですけどね。

佐藤琢磨
「厳しい予選だった。誰もが接戦のラップタイムで、予選第2セッションに残ることができず、とても残念だ。
この週末に進歩はあったが、思ったような結果には届かなかった。
ぼくたちのペースも比較的いいので、明日はとてもエキサイティングなレースになるだろう。
ぼくはグリッド後方からのスタートとなるが、ベストを尽くすつもりだ」

S・アグリ フランスGP公式予選ニュース: FMotorsports F1

なんとも承伏しかねる前回のペナルティ*1のせいで、佐藤選手は最後尾スタートとなります。
なんですかねー、今回は、予選をさぼって寝ていた方が、車に優しくてよかったかも、なんて思ったりもしてしまいます。好調のSUPER AGURIですけど、予選で10番近くは難しいです。どう走っても、最後尾確定ぽいんですよね。

「クルマのハンドリングには満足していたので、あのアタックを走ることができれば十分『Q2』に届いた筈。
初日にはリウッツィと接触したし、ほんとうにこのマニクールの狭いピットロードには悩まされるよ」と、デビッドソンは悔やんだ。

デビッドソン(SAF1)、「ピットロード戦に負けた」: FMotorsports F1

同僚のデビッドソンもさんざんです。あんまり、ドライバーには評判のいいサーキットではないようですね。


もっとも、コースの狭さや運を差し引いても、同チームの二台が二台とも同じところで詰まってリザルトの下位に仲良く順番に並ぶのは、再三言ってますが、チームの情報収集、処理能力、作戦立案能力等が、まだ怪しいのかな、などとも考えてしまいます。
正直よくわからない世界なんですけどね。でも、見えないけどお金のかかる分野なのは聞きかじりで知ってますし、台所事情の苦しさから言って難しい。それはわかるんです、が‥‥なんとか、改善されることを祈りたいです。
車は中段では充分な戦闘力はあるし、ドライバーも決して腕の悪いコンビでもないです。でも、レースですし、いつもぎりぎりで勝負になります。特に接戦の時には、チーム力が重要になりますから、ホント、がんばってほしいです。


以下は、予選順位表。例によって表だけなので、興味のある方だけ。

公式予選結果

順位 No. ドライバー チーム ベストタイム 周回
1 5 F.マッサ フェラーリ 1'15.034 18
2 2 L.ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1'15.104 18
3 6 K.ライッコネン フェラーリ 1'15.257 19
4 10 R.クビサ BMW 1'15.493 22
5 3 G.フィジケラ ルノー 1'15.674 25
6 4 H.コバライネン ルノー 1'15.826 25
7 9 N.ハイドフェルド BMW 1'15.900 23
8 12 J.トゥルーリ トヨタ 1'15.935 23
9 16 N.ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1'16.328 25
10 1 F.アロンソ マクラーレン・メルセデス 1'15.084 7
11 11 R.シューマッハ トヨタ 1'15.534 12
12 7 J.バトン Honda 1'15.584 12
13 8 R.バリチェッロ Honda 1'15.761 12
14 15 M.ウェーバー レッドブル・ルノー 1'15.806 11
15 19 S.スピード STRフェラーリ 1'16.049 12
16 14 D.クルサード レッドブル・ルノー 1'15.915 9
17 18 V.リウッツィ STRフェラーリ 1'16.142 6
18 17 A.ブルツ ウィリアムズ・トヨタ 1'16.241 7
19 22 佐藤琢磨 SUPER AGURI Honda 1'16.244 6
20 23 A.デビッドソン SUPER AGURI Honda 1'16.366 5
21 21 C.アルバース スパイカー・フェラーリ 1'17.826 6
22 20 A.スーティル スパイカー・フェラーリ 1'17.915 5

19位の佐藤琢磨は前戦のペナルティのため最後尾スタートが決定しています。

*1:今回の予選結果から10グリッド降格