きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

邪気眼が

日曜日
あついあつい新聞紙
丸めたらバットにつかえそう
でもぶあつくて丸まらないからだめ
でもなべしきにはなるのよ
だからなべやきうどんでもへい気だよ


黒歴史ノート発見。これは、小二の終わり頃のクラス文集に書いた詩*1ですね。
いまとあんまかわってないな〜‥‥。


ぱらぱらと、顔も名前も半分以上は思い出せなくなっている当時のクラスメートたちの作品を眺めながら、すぎていく、エアコンのいらない幸せな7月最初の日。

*1:詩ったら詩なのです