きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

天国と地獄

「ああ、いいところが抜けましたね」
「いいんですか」
「いいんです」


歯肉炎と聞くと、歯茎がよくない病気と感じます。それはそれで正しいのですが、症状を引き起こす細菌の一番好む住処は、実は歯垢の中なのです。
つまり、歯がなければ歯垢もない。歯垢がなければ、細菌も減る、と、そういうからくりです。
動物は、人間のように歯磨き等で口の中を清潔に保つことができません。歯を残したままで歯垢を減らすのは至難の業なため、歯周病への根本的な治療法は、抜歯しかないんだそうです。


そして、動物の歯の治療となれば、全身麻酔です。
全身麻酔は、人間ですら専門の医師の監督が必要なほど、危険な麻酔です。
まして、体の小さな動物たちにとってはいかばかりか。


ただでさえ歳を取っているうちの愛猫では選択できない道だったわけです。
それが、問題の歯が勝手に抜けてくれた!


‥‥らっきー、なのかな?ちょっと、ビミョー。


先生によれば、これで多少は、食事の時の痛みが減るんじゃないかとのこと。


むう、ホントにそうなるといいんですけど。
数日様子を見てみましょう。