きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

なぜ山を崩すのか

目の前に大きな山があっても登りたくはなりませんが、これが手のひらに収まるような、小さな小さな雪山なら、是非にとお願いしてまでも、挑戦してみたくなります。
白くて、柔らかくて、あま〜〜〜い雪に覆われた小さな山。


「いっただっきまぁ〜〜〜す!!」

くぅぅぅぅ。あまぁぁぁい!!冷たぁぁい!!


いまこのときが、永遠に続けばいいのに。そんな至福の時。


これね、お金出しても食べられないの。
近所のファミレスで、千円ごとに一枚もらえるチケットを五枚集めて、ようやく食べられるの。
練乳の効いたホイップクリームに彩られた果物をね、夏にぴったりなかき氷の大地が優しく受け止めてくれていてね、甘さと冷たさのバランスが得難い逸品なの。


はぁ、おいしい。
そんな凝ったものでも難しいものでもないし、高いものでもないけど、それでもはずむ心が抑えられないかわいいデザートなんです。なにより無料。特別。メニューには載ってない隠しアイテム!これらの心理的影響は計り知れないほど大きいのです!


はぁ。チケットで他に選べるサラダセットにしようかとちょっと迷ったけど、やっぱりデザートでよかった。


また明日もここでランチ食べて、チケット増やそう。
友達2,3人引っ張ってくれば、それだけたまるのも早くなるな‥‥。