きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

ゆく川の流れは絶えずして

昨晩の一匹が、最後の一匹だったようです。世代交代が完了しました。


そう、聞こえてくるのは、コオロギの声だけ。
セミの声は、もう、ない。


老兵は死なず、ただ消え去るのみ、なんて、うそ。


きっと。ううん、ぜったい、来年の夏も、セミがうるさくてじゃまに感じるほどの大合唱を繰り広げることでしょう。でも、その中に、今年がんばっていたメンバーはただの一匹もいないんです。


短い夏を精一杯生きて、戦って、そして子供に未来を託して去っていくセミたちを思うと、毎年この時期、ちょっとだけ切ない気分になります。


季節の変わり目って、弱いんですよねー。小さなことで落ち込んだりとか、ちょっといろいろあったりもしないでもないとかぶつぶつ。