きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

雨奇晴好

たとえるなら母。
甘く、優しく、抱きしめられるといい香りがして、幸せな気持ちになれる。
たとえるなら父。
熱く、激しく、力強い包容力。男臭い香りが、安心感を与えてくれる。


なんの話かと言えば、エアコンと石油ファンヒーターなんですけども。前者が母で、後者が父。って、うちの父はただのぐぅたらおやじですけどねー。


3時頃に外を眺めた時には、曇ってるな〜と、そんだけだったんです。
これが、3時半頃に気づいたときには、もう大雪。粉雪がぱらぱらと降り注いで、それなりにつもり始めてきていたりしました。


よかった。今期の灯油価格に怖じ気づかずに石油ファンヒーターを引っ張り出してきておいてホントによかった。
エアコンだと10分はかかりそうなあったかさに、ものの2,3分で到達してしまう強力さ。まさに、力ずくでの暖房と言いますか、やっぱ火ですよ火。燃えろよ燃えろ〜よ〜炎よ燃えろ〜〜。


ぬくぬく。のんびりいたしましょう。


もっとも、雪が降った方が、なまじな雨よりあったかいんですけどね‥‥。