きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

池魚の殃

子猫ってカーテンをよじのぼって天井にまで這い上がろうとするんですよ。
まさに驚愕の運動神経で、人間のたしなむロッククライミングなど児戯に等しいとばかりに、わずかの休息も入れずに己の肉体だけを駆使して、頂上を目指します。うん、かこいい。


でもね、カーテンってさほどの強度はないんです。ちょっと引っ張ればフックが曲がってレールから外れ落ちます。たとえばそう、成猫がぶらさがってゆらしたときとか。


‥‥ね〜。まだまだ童顔だし、性格も子供そのものだし、実際、生まれて五ヶ月も経っていない子です。でも、体躯は大人になってきてます。まだまだ大きくなりそうなのが恐ろしいですけど、そんじょそこらの小柄な大人よりよほど立派な大きさです。


今日の損害は、カーテンと、キッチンで皿一枚。


マンガで、拳をぶるぶる振るわせながら耐えに耐えようとするシーンがあるじゃないですか。もろにあれ。いまさら怒ったってなんの効果もない。わかってるから抑えなきゃいけない‥‥でも、むかつく!!


そんな感じ。