きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

危険領域

こじろ*1が餌をまったく食べなくなった。
いままでは朝に与えた餌が昼まで保たずに、にゃーにゃーとうるさく追加の催促をしてくることもめずらしくなかったというのに、いま餌入れに入っているかりかりは、三日前の朝に与えたものが未だ食べられることなく残っているものだ。


ふと、エミリ*2が亡くなる直前のことを思い出す。
ある日突然になにも食べなくなって、徐々に痩せて、動けなくなって、そして、逝った。


──うん、三日経っても状態が改善されてない。ちょっと記憶をたどって整理してみよう。

    • これは飲んでる。逆に飲み過ぎってこともない。恐らく問題無し。
  • うんち
    • これも便秘とかの心配はない。なにせこちらの食事をはじめようとすると狙い澄ましたように必ずと言っていいほどしてくるから、そのたびにいらいらむかむかさせられて記憶に強く残ってる。色や形も問題なかった。
  • おしっこ
    • ちゃんとしてた。念のためにトイレのマットを確認。量も正常だと思う。
  • 行動
    • まるで変わりなかった。毎日悪いことばっっっっっっっかりでいいかげんにしやがればかたれ‥‥それはまあ、あとにしよう。


少なくとも一緒に暮らしていておかしいと思える部分はまったくない。いや、異常と言えば、三日間ほとんど食べていないのに暴れまくる体力が継続していることが異常と言える。
なに、これは。いろいろ検索してみても同様の症状は見あたらない。


なにか重病なんじゃないだろうか。もしかしたらこじろは自分の空腹に気づくこともできなくて、いつも通り遊んでいることで、補給されることのない体力をただいたずらに削っているのではなかろうか。


明日、朝一番で獣医さんに見せに行こう。


一方のこじろ本人は、そんな飼い主の心情など知ったことではないと、元気全開で空き箱の中に頭を突っ込んで遊んでいる。それがなんとも空元気に見えて、痛々しく感じた。


かりかり


少し前からあの箱好きなんだよね。何が楽しいのやら。


こりこり


‥‥少し前から、あの箱で遊んでるときにヘンな音が聞こえてきてたっけな。


かりこり


おい。おまえ。なに食ってる。





箱の中には、側面を爪で破り中身の転がり出ているかりかりの袋があった。


おいてめえ、どこからこれ持ってきた。


いままでの心配はなんだったんだよ、ばかっ!



かりかり袋を取り上げて今度は厳重な管理下に置くことにした。冷蔵庫の脇に置いてあった予備の袋を引きずってきて箱の中に隠していたようだ。この野郎、ばかやろう。



で、これ、種がわかって心に余裕が生まれてやっと気づいたんですけど、チーズスイートホームのアニメでほぼまったく同じ話があったんですよね。すごいやあのマンガ。いま気づいたわけじゃないけどすっごくネコの研究してあるよ。


とりあえず、このばかネコにはお仕置きとして、しばらくおやつ抜き。

*1:飼い猫

*2:以前に飼っていた猫