きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

だからしつこいんだってば

ネコとイヌの一番大きな違いは「やるな」と言われた時に現れます。


やるなと言われてやめるのがイヌ。
やるなと言われてもっとやるのがネコ。


そういうものなんです。つまりは、ネコに怒ってもムダ。たとえ怒られても記憶するのは怒られたという恐怖心だけで、なぜ怒られかの一番重要な部分はすぽーんと抜け落ちるとっても便利な脳を装備しているのがやつらです。


さて、やるなと言ってだめならどうするか。


簡単ですよね。
物理的に実行不可能な状態に持っていけばいいわけです。


そこで、これ。
文明の利器はいまや100円で手軽に手に入ります。

どこで覚えてきたのか、あちこち戸を開けて中を引っかき回すことに生き甲斐を見いだしたようで、キッチン下の収納や食器棚の戸棚に始まりテレビラックのガラス扉やはたまた押し入れも冷蔵庫も片っ端から開けようとします。
まだ中のものを壊されるだけならあきらめも付くんですが、昨日起きた事件で早急に手を打つしかないと決心しました。
予想もしていなかったことなんですが、ネコおやつの入った戸棚を見事開くことに成功し、通常の5倍以上の量を一気に食べたあげく、直後にそれを全部吐き出してげーげーはじめやがるとか、まるで酔っぱらい親父か過食症の乙女のごとき所行。もはや許せぬ。


やむをえず、家中の開けられそうな扉にこれをぺたぺたはりつけてきましたよ。


こうして、またオサレとは無縁の家になりました。
すでに段ボールバリアーだらけだし、いまさらなんですけどねぇ‥‥。