きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

はいはい終業式終業式っと

一日休んで一日登校してまた一日休んで登校して、本日から冬休みです。
そんな面倒なことやらずに月曜日で終えてしまえばいいのに、とは学生達に共通した思いでしょう。なかばやれやれとの気の抜けた気持ちを胸に、また来年元気な姿で会おうねと、友達同士声を掛け合って騒がしく下校していきます。


そんな子供達の群れを静かに優しく見守っているのもまた一興。


職員室へと戻る廊下の途中で、すれ違った生徒達がときどき問いかけてきます。今夜の予定は? と。


うっせえよ。帰って宿題やってろ。


と言ってやってもよかったんですが、まあなかなかね。
うふふと何か言外にたっぷりと含ませた笑みを見せて、それ以上応えずにその場を去る作戦を選ぶことこそが、分別のある大人というものでしょう。


ま、あんたらまだ中一だしね。ほとんどが家で家族とクリスマスでしょう。その歳で彼氏彼女と云々なんてマンガのキャラだけだし。


だからわかんないだろうけどね。


わかるよ、そのうち。


そんなの都市伝説だって、さ。


ははっ。