きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

女子高生の足を見れば時代がわかる

いま女子高生の足下と言えば、多少の長さの違いはあっても皆一様に紺ソックスですよね。
制服として正式に採用しているところも数え切れないほどですし、そうでない学校でも昔流行ったルーズソックスとは違ってうるさく言わない場合が多いとか*1


では、女子中学生はどうか、と言うと、これっていう定番がないんですよね。
それはなぜかと言えば高校に比べると校則が厳しいため*2、に尽きるんです*3
それでも、限られた自由度の中で少しでもかわいく個性的にと、女の子達はみんながんばっているのですよね。


たとえば、うちの中学校ではだいたい3つのグループにわかれてます。

白無地のハイソックスグループ

ここは垢抜けててオシャレな子たち揃いです。
うるさく言われない程度のいわば学生らしいお化粧を見事にキメて、ヘアスタイルにも一分の隙はなく、やぼったい公立中学校の制服をだらしなさなど微塵も感じさせない高度な着崩しで自分の物にして、件のソックスで清潔感を演出です。


一、二年生にはほとんどいないタイプですね。だいたいが三年生で、クラスで発言力のあるグループの子たち、って感じかな。

ライン入り白ハイソックスグループ

この子達も白ハイソックスなんですが、カラフルな三本ラインのソックスが主流です。
ほとんどが運動部の上級生ですね。とってもスポーティに見えるソックスです。
そう見えるから彼女たちが選ぶのか、運動部の彼女たちが好むものだからそう見えてくるのかはよくわかりませんが、文化部の子たちはまず選ばないし、選んでいたら似合わなく見えるだろうな、とは言えますね。

スニーカーソックスグループ

運動部の一、二年生に多いです。
もともとスポーティなものだから、運動部員が好むのは当然アリですよね。
それにスニソですから、靴を履いちゃえば外からほとんど見えない。その分色柄物でこっそり楽しめたりしちゃうわけで、ダブルでおいしいんですね。。


でも、でもね。
今日、寒かったですよ。メチャ寒かたです。生徒たちもマフラーして登下校してました。


そんな中、なんでスニソ


や、わたしもね、高校の頃とか一年中ミニだったりしたし、かつては「なんで?」と言われていた側なんですけど、それでもわかんない。冬にまでそんなことやらなくていいじゃん。ねえ?


実は今回、ソックスがどうのって語ることになったきっかけはこれなんです。
あまりになんとも‥‥ねえ?


ま、そんだけなんですけどね。


うん、あと残りはほとんどが校則通りの子たちですね〜。
全校生徒の半分くらいはそうなのかなぁ。もっといるかな?
こっちもグループとすれば数としては最大派閥になりますね。




と、いろいろありますけど、うちの学校はかなりマシな方ですよ。
なにせ、いまだにここは戦前で時が止まってるのかって学校も少なからずあります。


床から測るから数十年前のスケバンのような長さになるスカートに三つ折りソックスとか。おまけに薄っぺらく汚れが目立ちすぐ水が染みてくる白スニーカーとか‥‥。


これはないわ、っていうの山盛り。

*1:ルーズで指摘されていただらしなさが感じられないせいでしょう

*2:厳しさが学校単位で全く違うからとも

*3:実際、何人かの子に聞いてみたら許されるなら紺を履きたいと口を揃えて言ってました