きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

みつどもえ 第11回 『マジで変する5秒前』

言っておくけど。



こんなベルトまったく効かない。わたしが請け合う!


結局、食べるもの選んで、減らして、運動して、それから……あ、でも、小学生だからね。美容のためのダイエットはだめ。危険。マジメな話、ごはん一つで簡単に生理まで止まっちゃうお年頃だからね。何の話だ
そう、ムリなダイエットはだめ。だけど、必要なダイエットはちゃんとやんなきゃだめって話。


そういえば、あれよ。
学校の保健室に医者なんていないし、そもそも保険医はいても保健医なんていないし。
いまだにこれ本気で勘違いしてるひと多いから、心当たりのある方は今のうちに改めておくことをオススメします。



保健室にいるのは養護教諭です。いわゆる先生とはちょっと違うんですが医者に比べればずっと教師寄りの存在です。勘違い無きよう。


そういやさ、知り合いの同い年の養護教諭が、いま産休取ってるんだよねぇ。うまいことやりやがったなあいつ。


……グチだらけになる前に終えよう。


ああ、みっちゃんいいこだよみっちゃん。
普段から罵りあいばっかりしてる相手だって、死んだとしたらとても悲しいよね。
そして、それが間違いだったとしたら、とってもうれしいよね。



「生きてて良かった〜〜〜!!!」


ああみっちゃんだよみっちゃん。やっぱりみっちゃんイチオシだよ。