きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

学園黙示録 第11回 『DEAD storm rising』

今週はほぼ原作通り、でしょうか。それだけに細部に垣間見るムリヤリな変更の影響が大幅な劣化に映り、残念さが増す結果になっているのかも。


ときに。

「生き残りたいから何があってもあなたについていく」


これ、男の子は言われて嬉しいのかなぁ。
打算の結果でしょ。好きでも何でもないけど利用した方が便利だからそうする、て言ってるわけでしょ。いやじゃないのかな。


や、もちろん女の子……ちがうな、人間はそういうこと考える。
おそらくアニメのエピソードに使われることはないだろう原作の先の話で、孝は平野にこんなことも言ってる。


「おまえとは絶対に仲悪くなりたくないんだ……生き残るために」


考えるのは間違いないと思うんだ。だけど、それ正直に言うかな。言って得になるかな。わたしならぜったい言わないけどなぁ。
ただただ、好き好きあなたが必要よ、って言ってる方が利になると考えるんだけど。腹を割った方が結果的にプラスになるってことかな。


このへん、わたしと作者さんとの考え方の違いか、キャラクターたちの若さが出ているのか。どちらにせよ、損得勘定のケーススタディに用いてみるのはおもしろいかもしれないなどと益体もないことをつらつら考える。


あ、次回の録画予約に(終)マークがついてる。
さてどうまとめるかな。原作の節目そのまんまか、なにかオリジナル展開で締めるか。