きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

あそびにいくヨ! 第12回 『みつけきにました』

時間配分を誤ったのか、なんなのか、やっぱ詰め込みすぎだと思うんですよ。


戦車戦→うざい真奈美→戦車戦→ロケット発射!→ハーレム→ワープ!→etc.


でも、そうか。言ったよね、このスイッチの切り替えが魅力だって。
うん、確かにそうも感じるんだよ。どっちだろうね、わかんない。



で、これ。ごめんなさい、メチャ笑いました。
ねーよ。っていうか、もうね。超展開だわーいって、へらへら。



奥さん知ってます? この期に及んでまだ彼女たちの好意がわかってないんですよ、我らがラブコメ主人公・嘉和騎央くんは!!


そして、途中、ガンダム……テッカマン? だかのパロを交えた宇宙戦争や、キャーティアシップの艦長と真に認めて貰うために自身のDNAさえ書き換えて猫耳男の子と騎央くんが化したりいろいろありました。



最後まで見るとやっぱり“駆け足過ぎ“の感が勝ったかなぁ、とも思う。


それでも、キャーティアから地球へのプレゼント──軌道エレベーターと、そして、もしくはそれ以上にすばらしい贈り物かもしれない沖縄のホワイトクリスマス*1。それを見たらさ。



世界が、宇宙が、もっとやさしく、仲良くなれますように。
なんて、思った。



抱えていた案件は一応の解決を見たし、それなりにいいところで終わったなかなかの最終回だった、かな。どーでしょ。二期あるかな。あったら見るだろうね。

*1:「放射冷却で超低温になった軌道エレベーターにより水蒸気が結露して凍った」エリス談