きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

そらのおとしものフォルテ 第02回 『驚愕!天使はキョニュウだった!!』

思春期の、ことに中学生の男子と言えば*1、ちょっとしたきっかけですぐに……えー、まあ、そういう状態になってしまうものです。


女の子と目があったら、ちょっと楽しく会話できたら、間違って手が触れたら、髪のにおい、制汗剤の薫り、体育の時に脱ぎ捨てられた制服、はたまたシャーペンを持つ仕草から、乱れた髪を手櫛でなおそうとする行為まで、もう五感から受けるありとあらゆる刺激が──味覚はやばいですね、それけっこう犯罪の薫り。四感にしときましょうか──とにかく、そんな刺激がぜんぶ“そういう反応”に直結しちゃうお年頃、なわけなのですよ。


えー、一応、わたしはこれでも中学校で教職についている女なわけですが*2、仕事を始める前に担当の上役先生からきつく言われたことがあります。


曰く、薄着はなるべく控えろ、スカートは膝より短いものは履くな、足も剥き出しにするな、身体的な接触は極力避けろ、男子生徒と二人きりになるな。


まあ、最近はホラ、逆にね、女性の方が未成年の男子に対してどうこうということもあって、それへの対策なわけでもあるのですけど、いまの中学生は大人顔負けの体格の子も少なくないですからね。刺激して被害に遭わないように、も、もちろんあるわけなのです。


……で、だから、トモちゃんね。風が吹けば、そうなる、みたいな、彼も男子中学生ですから間違った描写じゃあないんですけども、いいかげんしつこいなぁと。


エッチなのももちろんいいんですよ、でもそれだけじゃないですか。そればっかりじゃないですか。二話目ですでにおなかいっぱいになるくらいやりすぎだと思うんですよ。


そう思い始めると、EDのお祭りもうんざりするような悪のりにしか思えなくなるし、うーん、困ったなぁ。


来週はもっとバランス良く楽しめる作りになってるといいなと思いつつ。



あ、でも、色気づいたイカロスとか、年頃の女の子っぽいニンフとか、可愛くて好きでした。


さて、えっと、お風呂入ってきま〜す。また来週。

*1:実は女子もそうかわらないのですが

*2:バイトですけど