きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

ヨスガノソラ 第02回 『アキラハズカシ』

前回の続き。


いきなり脱ぎ始めたと思ったら兄に関係を迫る妹!? ねえわ!!
いくら神がかったイケメン*1と言っても兄だよ。ありえない!


……と、思ったけど勘違いだ。よかった。そんなイカレた妹はいなかったんだ。
ホントは、



「(制服の)採寸して」 もっとねえわ!!!


ねえわと言えば、蚊が出たとパニック起こして大暴れするんだよね、この子。ゴキならまだわかるけど、蚊はないよ。都会モノってレベルじゃないよ。南極にでも住んでたんだよこの子。そうでなきゃありえない。



ところで蚊ってさ、進化の方向性を誤ったんじゃないかと思わない?
寝ようかと横になった耳元で、到底ガマンの出来ないような羽音で飛び回るなんて、殺してくれと言うのに等しいじゃない。あと、刺し傷。あれがかゆくならなければさほど気にならないんだよ、きっと。


なぜ音もなく飛び回り刺したことを気取られもしない蚊が生き残らなかったんだろう? そんなのいたかどうか知らないけどさ。


そして、今回の気がかり。
この主人公なんなの? なんで会うひと会うひと全員から、クラスメートの女の子の家庭の事情を聞き出そうとしてるの? マジキモいんだけど。



もしかして、これがエロゲのフラグ立てなの? バカなの? 死ぬの?


本気でイラッとくるわこういうやつ。
だいたいわたし、こういうなよっとした顔だけのキャラ大嫌いだしねぇ。


そんなわけで、また来週。

*1:前回参照