きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

アマガミSS 第15回 『七咲 逢編 第三章 ヘンシン』

今回はアリです。今回のは参考になりますよ皆の衆!
いいギャルゲー主人公ですよ。これはフラグ立ちますよ!


……って、いい加減にしないと、プロギャルゲーマーに怒られるかもしれない。
わたし、4,5本しかやったことないし。


それにしても、お化け屋敷の妄想はなんだったんでしょう。……って、バターは塩ラーメンだろゴラ。味噌ラーメンに入れてんじゃねえ!! で、なんだったんでしょう。
あまりに唐突で意味がさっぱりわからなかったですよ。



あ、もしかすると、比較的素直な展開の今回のお話に、ムリヤリににヘンタイシーンを挿入するための苦肉の策だったのかなぁ。とか思います。スタッフさんおつかれさま。



「先輩は、どうしてわたしのことを、追いかけてきてくれたんですか?」
実は、ボクにもよくわからないんだ。でも、泣いている七咲を見たら、なんだか知らないうちに無我夢中で追いかけていた


くあー! 言うね言うね、橘純一!


小利口な理屈を並べるよりずっと効くよ。
まあ定番だけどね!!


今回は比較的ふつーのラブコメものっぽかったかもですね。



……このへんふつーとはほど遠いキスシーンかもなぁ、うん。