きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

ヨスガノソラ 第04回 『ハルカズハート』

「嘘も百回言えば真実となる」じゃありませんが、無意識下での自己暗示から、あることを強く信じてしまったり、また逆に都合良く一部だけすっぽり抜け落ちて忘れてしまったり、特に女にはこういうことがよくあります。まあ、あんまり性差を一般化して語るのは好みじゃないのですけれど、これは常々強く思っていることなのでご容赦を。


さて。


あるところに父に見捨てられた姉のために、誠心誠意尽くす妹がおりました。
だって、姉が大好きだから。姉がかわいそうだから。


ある日、そんな妹に、姉が言いました。



わたしの世話を焼くのは父への当てこすりでしょう?



妹は否定できませんでした。


そう、大嫌いな父。姉を見捨てた父。
自分が姉の世話を焼くことで、遠回しに父を非難したかった。
それに気づいた妹は大きなショックを受けます。
だって、姉が大好きだから。姉がかわいそうだから。だから自分が尽くしていた、と思い込んでいたから。
実は妹のことなんて考えてなかったんじゃないか? 自分の気持ちを晴らすためだけだったんじゃないか?
思考が袋小路にでも迷い込んだように、自己嫌悪はいつまでもわだかまり続けるのでした。


だけど、何もかも違った。
父は姉を捨ててなんかいなかったし、自分の気持ちも父への当てつけを認めた上で、それでも姉を思っていることに自信を持てた。



父娘三人の和解。そして……なんだよこの18禁アニメはよ!!


超展開過ぎてワロタといいたい気持ちを抑えて「いい話だなー」と必死で余韻に浸っていたのに!


ああ、ハルとお嬢のベッドシーンがあったわけなんですけどね。
いや、マジでこれ勘弁って言うか、いくらなんでも……ううん、いいよエロは。エロシーンはまあいいよ。放送していいかどうかはさておきわたしも子供じゃないし、そこは置いとく。たださ、このエロシーン、そう、まさにエロシーン。だってもう、描き方が下品なんてもんじゃない


もっとさぁ、すれ違っていた若い恋人同士の心が一つになって、初めて結ばれるシーンなんだよ、これ。
それがもう、なんていうんだろうなぁ。原作の出自が出自だし、こういうもんなのかなぁ。


うん、そのシーンは貼りませんけどね。
おそらくあちこちに貼られてるでしょうから、そちらをどうぞということで。


───うん、忘れよう。忘れた。


この四話まで見てきて、最大限控えめに感想を言えば、とにかく展開が速すぎます。あと3,4回は必要なレベル。


どうやら「二話目のラスト」から分岐して各ヒロインを攻略するアマガミSSと同じ事をやるつもりのようですが、あれが一人に四話使っていてそれでもまだ唐突さが抜けないというのに、これは一人につきわずか二話で片付けていくようですねぇ。


ムチャだわ。


んで、主人公・ハルカのうざさも全力全開だったなぁ。
なんでそうよその家庭のデリケートな問題に平然と首突っ込むかな。土足で踏み込むかな。まあ子供のすることだから仕方ないにしても、なんで周りがそれを何事もなく受け入れるのかな。全員ブチ切れていいレベルだと思うけど。そういえば原作は“大人のための”ゲームなんだよねぇ。なんかなぁ。


と、ぶつぶつ言いながら来週も見て見ますか。
何も言うことがない作品よりはいいし、ね。