きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

侵略!イカ娘 第09回 『ピンポンダッシュしなイカ?』

道徳心あふれるイカ

「それは、相手が困るんじゃなイカ?」

なにそれ、侵略者のクセにだっせー!


笑った。これはキました。
なるほどそうかもっともだ。こんなちんけな倫理観を振りかざす侵略者ってどうよ? ねえ?
ピンポンダッシュくらい好きなだけやんなさい。うちにやったらぶっとばすけど。


にしても、千鶴さんふだんからやりすぎですよ。



このおびえ方はすっかり日常的に虐待を受けている子供やペットですがな!


まあ、その甲斐あって(?)、親友ができました。



って、この子原作にいたっけ? オリジナルかな? あとで原作読み返そう。

色気づくイカ

お化粧覚えたてってそうなんだよなぁ。ちょうど、一日中鏡を見ていても飽きないお年頃だねぇ。
だいたいがどこの歌舞伎役者だってくらいにただ塗りたくってるだけの……年上から見るとものすごくかわいい! ほほえましい! たべちゃいたい! くらいみっともないべた塗りね。こういうのは慣れだから若い頃から少しずつやってくしかないんだけどさ。



よく「若いんだから化粧なんてしない方がキレイだ」と言われますよね。
これはウソですよ
若くたって普段から手入れしてない肌は汚ったないですよ〜〜。や、むしろ若い方が新陳代謝が活発な分汚いかもしれない。
ニキビや日焼けや染みも傷や、よくよく見るとホントに汚いです。
ただ、若い頃はそれがまだ回復へ向かいやすいってだけ。


あるいは「若いうちから化粧してると肌が傷む」とか言われますね。
これもウソです。
化粧ってまず肌をキレイにしなきゃろくに乗りませんし、第一義的に肌つやを維持し長持ちさせるためのモノです。
成人してからようやくメイクをはじめるより、中高生の頃からやってる方がぜったいに肌はキレイです。断言しちゃいます。
まあもちろん、間違った化粧は肌荒れを促進するだけですし、十代の頃に三十代の女性がやるような肌ケアしてたらこれまたおかしくなるし、正しい化粧をしていたら、という条件付ですけどね〜。


まあ、あれですね。
街角で「あの子すっぴんなのにキレイだな」なんて子とすれちがったら、十中八九は化粧のベテランさんです。
ここ数年は一見するとすっぴんにしか見えない化粧をするひとが増えてます。元々そのひとのすっぴん顔を知らない男性には、まず見抜けないですね。じ〜〜〜〜〜っと凝視でもすれば別かもしれませんけど。


ん。そんなとこ。

今週のエンディング

ああ、なんかいい雰囲気。



……だけど、なんか凄まじい違和感もある。


では、また来週。