きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

灼眼のシャナIII 第01回 『失われた存在』


あの日、あのクリスマスの夜、坂井悠二は消えた。
世界から彼の痕跡はことごとく消え去り、友人たちの記憶からも、母親の心の中からさえも、その姿は煙のようにかき消えていた。
ただ、紅世を知る限られた者の意識の中にその存在を残すことで、かろうじて少年が生きていたことが夢幻ではなかったことが証明されていたのは、せめてもの救いだろうか。


── ううん、違う。この手紙は消えていない。


悠二は消えていない。ただ、いなくなっただけだ。


さぁ、待ちに待ったくぎみー枠の復活です。
そう、ただの枠ならアイドルマスターにも用意されています。


だがこれはまさに超枠


くぎみーと言えばシャナ!



シャナと言えばくぎみー


つまりは、そういうことです。



△▼△


ん。まあ病気だからほっといてください。



坂井悠二は、なにやらバルマスケの頭領におさまっているようです。
わたし原作を読んでないからこのへんさっぱりなんですよね。ただ、言えることは……。


ロン毛の悠二を見ていると笑いがこみ上げてくる……ッ!!


それだけでしょうか。
あまつさえ、とか言っちゃうところがもう。あんた暴れん坊将軍か! ってねえ?


そんな感じで、なんとも含み笑いが止まらない第一話目でした。
爆笑するようなタイプじゃないんだよね。あらあらまあまあ、みたいな。



あ、だけど、そんなひねくれた楽しみ方しかできないようなお話じゃなかったですよ。
本気で戦いモードのシャナはやっぱり凛々しくてかっこいいですしね。
その上かわいい。これはもう無敵!



とまれ、テレビ一期・二期・映画・OVAと続いて再びテレビに戻ってきた化け物作品です。
Finalと冠してある以上は原作の終了に合わせてしっかりと完結させてくれるんでしょう。
わたしもアニメはぜんぶ見ていますし、相当に好きなシリーズですしね。


今回はいわば顔見せの前哨戦ですね。本番は来週から!
きっと盛り上がるに違いない。


大いに期待して、毎週正座しながら見ていこうと思います。


では、また来週。