きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

灼眼のシャナIII 第05回 『囚われのフレイムヘイズ』


……どうしよう、褒めるところがなくなってきた


てんでばらばらにわけのわからないことをべらべらしゃべくってると思ったら、これまたおもしろくもなんともない回想シーンに入り、しばらくするとまたべらべらとどうでもいい語りを聞かされる……。


つまらないのもさることながら、とにかく救い難いのは、悠二がキモすぎることなんです。せめて悠二声で「余」はやめてください。オールバックもいやらしいし、その長髪もぜんっぜん似合ってません。
まあ、見た目は仕方ないから大目に見るにしても、寝間着で後じさる少女にしつこく手を伸ばすところなどもう吐き気すら催すほどに気持ち悪いです。





やってることが女の子を拉致監禁したストーカーにしか見えないんだよね。
本気でいやがってる子を前にして「わかってるよ本当はボクが好きなんだろう?」って、そんなイメージ……。


う〜〜〜ん。


なにかないか、いいところはないか。
必死によかった探しをしてみるも、思い当たる場面が一つも浮かばない。


なんなんだ、カルメルさんを引っ張るための人質に佐藤とか。
わけがわからないよ!!
そもそも鈴木はどこに電話をかけていたのだろう……。


ガマンして見続けていればおもしろくなるんだろうか。
シャナはさすがに切りたくないんだよねぇ。


来週に一縷の望みを託して、では、また。