きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

アイドルマスター 第19回 『雲間に隠れる月の如く』


謎めいた雰囲気で人気上昇中の四条貴音の周辺に、大手レコード会社への移籍のウワサが流れ出した。火元はある週刊誌の記事。彼女にとっても寝耳に水の“ニュース”をばらまいたのは、961プロの御用記者だった。


この事件は貴音の機転で事なきを得たが、そう簡単には片付きそうもない問題がもう一つ、新たに持ち上がってきた。次に狙われたのは、千早。同じく週刊誌を用いて評判を落とそうとの作戦のようだが、こちらは貴音の時とは違いそう簡単には収まらないものかもしれない……。



んー……今回の作戦は前回に輪をかけて頭の悪い作戦でしたね。
移籍のウワサを流してなんのダメージが与えられるのか? 
そんなの、事実であってもそうでなくても、業界内での立場もファンの人気もぜんぜん影響しませんよね。
むしろ露出が増えて喜ばしいくらいです。
まだ恋愛絡みの記事のでっちあげならわかるんですけどね。なんなんだろう、これ。




おまけに、多くのマスコミと警察が見守る中で、正式に来賓として招かれたレコード会社の社長と貴音が握手する写真を撮って“特ダネ”になると思える脳の作りがわからない。
百歩譲ってその二人の握手がネタになるとしても、これだけ大っぴらにやっているところに飛び込んで撮って逃げていく意味はまったくないんですよね。困ったものです。



ジュピターはジュピターで毎回同じセリフを繰り返すのみの壊れたオモチャに成り下がっているし、ホントに961プロは不要すぎます。



あ、でも、来週は少しは……いい感じになるのかな?
千早が「弟を見殺しにした疑惑」というようなショッキングな記事を週刊誌に載せて、当の千早自身も相当に激しく動揺してますしね。これまでのやり口よりよっぽどに悪党らしいやり口に思えてちょっと安心したかも。



そんな感じに、ここのところ、ちょっとずつ伏線を敷いていた千早編が来週のようです。
きっと今週よりイケる! と信じて待っていましょう。


では。