きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

gdgd妖精s 第06回 『前回までのgdgd妖精s』


いきなりのウソあらすじ……や、ウソじゃないな。ムダに荘厳なBGMに乗せていろんな場面を切り貼りすることにより作品イメージを誤解されかねかい形に編集する攻撃! のあとは、前回飛ばされた「メンタルとタイムのルーム」のスタートです。
gdgdトークコーナーがないのはちょっと残念かも。


【メンタルとタイムのルーム】

今週はリアルパーティゲームで遊ぶお話。
まずは「黒ひげ危機一髪」から。
思えばアレってどういうゲームなんでしょうね。海賊の仲間内での見せしめによる処刑をゲームにしたものだろうとずっと思っていたけれど、事実そうであるならば相当に残酷なバックグラウンドですよね。
ゲームだから刺しても刺しても体に届かない設定になっているだけで、実は樽に刺す短剣はそのぜんぶが海賊の身体に刺さり、ゲームの勝利条件である飛び出しに相当する物は、海賊へとどめの一刺しになるんだろうなぁ、なんて思うと陰鬱な気分になってきませんか。





続いて「おさるのバランスゲーム」
こっちは特に思うところは無し。
ただ、知的進化って本当に幸せに繋がっているんだろうか、なんて思索にふけってしまいそうな悲しい幕切れだったことが心に残ります。

【アフレ湖】

こちらはなんと三本立て。
もう、カンペキに全員がです。
いつもはネタのおもしろさだけで判断すればコロ>シル>>ピクだと思うんです。それが今回はピクちゃんがんばった。特に二本目がハマってた気がしますよ。




だ、だめだ! このBGMを聞くと勝手に体が!



……ロデオマシーンって、やっぱりすぐに使わなくなりますよね。
シルちゃん宅(素)でも洗濯物置きになっているとか。うちもネコのベッド代わりになってます。


期待され続けて毎度振られるコロちゃんがついに怒った!
次回からは二人に振りまくるぞ! と宣言して終わり。


では、また。