きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

僕は友達が少ない 第09回『理事長は追想が切ない(-_-)』


事件は星奈から小鷹への一本の電話からはじまった。
「父が会いたいと言っているからわたしの家にこないか」
星奈の父は小鷹と小鳩の通う学園の理事長であると同時に二人の父の旧友でもあり、二人が時季外れのおかしなタイミングで聖クロニカ学園へ編入することができたのはひとえに彼のおかげである。日頃から一度お礼を言わなければならないだろうと考えていた小鷹は、招待を快く受けて彼女の家へと向かった。




なぜか玄関前で二人を出迎えてくれた理事長は、見るからに厳格そうだが若々しく嫌みの無い風貌で、誰もが好感を抱きそうな男性だった。名前は『柏崎天馬』決して『かしわざきてんま』ではない。『かしわざきぺがさす』さんなので勘違いなきよう。



親友同士だからこその気安さから、バカだクズだと小鷹の父を“罵る”理事長。
それをなんとなくわかってはいるけれど、父をクズ呼ばわりされるのがガマンならない小鷹。
そんな親友の息子を好ましく思い優しいまなざしで見つめる理事長。


ああ、なんかいい!!


男の友情ってやつですかねぇ。
イマイチ女同士では想像のつかない光景です。しみじみ。


反射的に「クズなんかじゃない」と叫んで、その相手が世話になっている目上の人だと気づいたときのばつの悪そうな、それでも主張は曲げずに照れくさそうに謝る小鷹くんかわいすぎる! 「そんなことはわかってる」とこともなげに言うペガサスたんもかっこかわいい!!


ふー、堪能だよここだけでもう今週は充分。


って……あ、柏崎邸では小鳩がカラコン外してる。
さすが小鷹お兄ちゃんはTPOにうるさい。



にしても、小鷹と星奈がいないと静かな部室なんですねぇ。
いつだってマイペースな理科が何ともいい味を出していますが。
あ、ふと思ったけど、彼女って小鷹に執着してるようだけど、その割にはあっさりしてるんですよね。
部活以外で同行しようって発想があんまりなさげだし……。





△▼△




今日は水着部活の日、と。
前回のプール回で出番が無かった、夜空・理科・マリアは、今回申し訳程度に部室で水着の披露をなさっておりました。このフォローはすごいですよね。ふつー前回のネタなんてもうすっぱり忘れ去りますよね。


自分と理科がプールを去ったあとに小鷹たちだけで楽しんではいなかったことを知って、おそらく夜空は喜んでいた、というか安心していた、というか……う〜ん、惚れ直した? これだと行き過ぎか? そんな感じ。馬マスクで表情は見えなかったのが本人的には良かったのでしょうけれど、視聴者的には残念無念でしたね。女の子な夜空の表情が見たかったですよ、うん。


理科の水着はふつーにかわいらしいです。
お湯につかると透ける仕組みって言っていたのはホントなのかウソなのか。


そんなわけで、水着は次回にも持ち越しのようです。
こんどは海回らしいですよ。寒くて寒くて震えてますけどね、わたしらは。


あ、そうそう。




待って〜〜〜!! イカ小鳩ちゃ〜〜ん!!!



早苗星奈は今日も通常運転中でした。


では、また。
今回もおもしろかったなぁ。