きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

艦隊これくしょん ~艦これ~ 瑞の海、鳳の空

新たに鎮守府に着任することになった提督は、九九艦爆をこよなく愛する軽空母の艦娘・瑞鳳と運命の出会いを果たす。愛宕や島風、加賀など、可愛い艦娘たちに囲まれる日々を送る中、提督が気になるのは瑞鳳で――。

Amazon.co.jp: 艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 瑞の海、鳳の空 (角川スニーカー文庫): むらさき ゆきや, 有河 サトル, 「艦これ」運営鎮守府: 本



というような内容紹介をAmazonで読んで、てっきりハーレムラブコメ作かと思い込んでました。


実際は大違い。
ラブコメ要素は他のノベライズよりは濃厚でしたが、ハーレム的な展開は*1まったくなし。ゲームのシステムをベースにした、オーソドックスなラノベに仕上がっていると思います。



艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 瑞の海、鳳の空 (角川スニーカー文庫)

艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 瑞の海、鳳の空 (角川スニーカー文庫)



というか、むしろSSに近いのかな?

ゲーム画面そのもの*2がモニタ表示されて、前線の状況が逐一*3伝わってくる。そして、艦娘たちとの連絡は『進撃』か『撤退』かの意思表示だけ、と。

こういう設定の上での戦闘を一通り終えた後で、最後はラブコメパートへと続くわけなのですが、そのあたりがまさにこう、いかにもすぎるラブコメなのでありまして。

具体的には、女性に免疫のない新米提督と、鎮守府に隔離されているためにそれ以上に男性に免疫のない艦娘 ── その代表が瑞鳳であり、彼女との淡い恋愛模様が、ですね

ま、けっこうほほえましいものと言えるかもしれません。
すぐに結婚とか考えてしまう瑞鳳の幼い少女的メンタルとかね。


ときに、この作品で一番の問題点は、ゲーム中のセリフをあまりにも無理やりに多用しすぎていることです。
少しはやらないとらしく描くことが難しいであろうことは、まあわかるんですけどね。


そんな感じで。
取り立てて読みなさい! と推薦はしませんが、そうねー……瑞鳳ラブなら、いいのかな?



瑞の海、鳳の空
艦隊これくしょん ~艦これ~ 瑞の海、鳳の空(角川スニーカー文庫)[電子書籍版]

*1:一巻の時点では。そう、続刊の予定があるそうです

*2:あるいはそれに近いもの

*3:大ざっぱにですけど