きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? 第07回『海に行ったらリア充になれると思った?』

ようやく訪れた夏休み。その日はネトゲ部の合宿だった。
顧問の斉藤の運転で向かうは御聖院家の所有する高級別荘。

体育会系の斉藤にはナンカチガウと思わせる快適すぎる環境ではあるが、ともあれ『ネトゲでの体力を*1つけるために敢えてネットから離れる』合宿はスタートしたのだった。




・・・・・・もっとも、それは建て前でぇ。


あまりにもゲームにのめり込みすぎてとリアルの区別の付かなくなっているアコを、リアルの素晴らしさを体験させることによって更正しよう、みたいな計画だったわけです。

でもね、リアルでも自分が“ルシアンの嫁”であると思っている彼女にどんだけ素晴らしい想い出を作らせたところで、夫と自分の新婚ラブラブ生活の想い出にしかならないわけなのですね。

そもそも! 高校生の彼らにそれを求めるのは酷というものと承知の上で申し上げますが、アプローチが間違っているのです。

まずはすべて肯定するところから・・・・・・って、アコはそういう病気じゃな・・・・・・病気か!?

はい。手に負えなくなったらメンタルへ。


それにしても、全員が基本的にぼっち指向なんですよね。
海に来ても一緒に遊ばないで好き勝手泳いでるし。
体育会系の先生には理解できないようです。

非体育会系の先生のわたしには理解できますけどね!!

楽しいんだよ、大勢の中での一人って。



△▼△



そして合宿後半。
打って変わって高級ホテルでゲーム三昧です。

あ。典型的なIDハックだ。
銀行の詐欺でもあるやつですよね。

にせもののID入力画面を用意して、ユーザにIDとパスを入力させてそれを記録する。
もちろんそれでは本来のユーザがログインできないのですけれど、この手口が巧妙なのはその後にホンモノの入力を促すこと。
ユーザから見ると『一度だけ入力を誤った』ように見えるところですね。

ほぼ全てのログインフォームでパスワードは「****」のように目隠し状態ですものね。間違ったってなんのフシギもない、と。


さて、どうやら、そんなこんなでIDを盗まれてしまったらしきルシアン。

よりによってアコと二人きりでホテルの部屋に*2いるときに!
これは、アレですかね、アレを求められるんですかね。


しょうがないにゃあ!!!


いやまあ、うん、健全な深夜アニメですし、まさかそこまでは。
期待半分心配半分で、来週を待ちましょうです。

*1:長時間プレイは結構疲れます

*2:ゲーム内ですが