きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

三度シンフォニック=レイン

‥‥主人公のクリスって、知ってるひとに似てる。そっくりだ。
もちろん見た目じゃなくて。こんな美少年の友達いないし。

 

そのひとと恋愛関係というわけではぜんぜんないけれど、トルタとの言葉が、わたしが以前言った言葉に重なることも多い。
なんでこんな簡単な事がわからないんだろう、っていうトルタの気持ちがよくわかるかも。

 

プレイヤーのわたしはクリスを演じているのに、クリスが素直にわかりあえない彼女の気持ちの方がわかるのはふしぎな気持ち。
う〜ん、ときメモじゃないけど、ガールズサイドなんて欲しいかもしれない。
それはそれでいらいらしちゃうかもしれないけれど。

 

そしてエンディングへ。
音楽の才能なんてぜんぜんないわたし。でも、アルはなぜか好きになれない。
トルタに感情移入してしまったせいかな。
のんびり続けていたらアルとのエンディングへ一直線だった。
あとで見てみたら、BadEndになってたっけ。好きじゃないけど、なんかひどい。

 

ま、いいか‥‥うん。ま、いいか‥‥だね。
またあとで続きをやってみよう。