きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

おおきく振りかぶって (1)

野球が好きで好きでやめられないけど、チームメイトに幻滅したり、受け入れてもらえなかったり、そんな屈折したピッチャーとキャッチャーが中心のお話。
ziziさんの紹介で読んでみました。

 

おおきく振りかぶって (1)

おおきく振りかぶって (1)

 

 

舞台は埼玉県の公立高校。
今年から硬式野球部が新設されたばかりの学校です。

 

自分勝手なピッチャーに振り回されすぎて、ピッチャー不信に陥っていたキャッチャーの阿部君は、いつのまにか自分が「自分勝手なキャッチャー」になっていました。
自分の思い通りに動くピッチャーが「いいピッチャー」と思うようになっていたのです。

 

そんな阿部君を導いてくれたのは、うら若き女性監督・百枝さん。
若いのに凄腕。技術面でも精神面でも、生まれたばかりの野球部をぐいぐい引っ張っていきます。

 

この百枝さんがいいのです。というより、彼女が裏の主役と言っていいかも。
頭もよく運動神経抜群、優しくて頼れておもしろくて、スタイルも抜群。
‥‥神様の不公平さがよくわかります。

 

自信がまったく持てず、他人と目を合わすことも、まともに会話することすら困難なほど内気になってしまったピッチャーの三橋君は、阿部君はじめ、チームのみんなに実力を認められて、受け入れられて、少しずつかわっていきます。

 

この課程がまたいいんです。
じーんときたり、熱く燃え上がってきたり、笑いあり涙ありの傑作野球マンガだと思いますね。

 

通しで読んだ高校野球のマンガは、いままでH2しかなかったです。
あれとはまったく違ったタイプですね。現在3巻まで読破しました。
何巻まで出てるんだろ。あとで調べておこう。

 

とにかく、百枝さん一押し。次点で阿部君。