きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

また〜?

Nifty F1: ハイドフェルド9月に去就決定 B.A.Rの噂も

 

ホンダさん、ニック・フライBAR代表に言ってやってください。

 

いいかげんにしろ」って。

 

日本のF1ホンダ人気は佐藤選手でもっているようなものです。
今後BARがチャンピオンになったとしても、外国人ドライバーだけでは日本で宣伝にはなりませんよ!
日本はどうでもいい、ヨーロッパで売れればいいんだって言うなら話は別ですけど。

 

ただ、その場合でも。
BARホンダが世界一になったときに、たとえ外国人ドライバーの方がポイントを稼いでいたとしても、そこに日本人ドライバーがいるっていうことは、重要だと思うんです。
確かに佐藤選手は今年冴えません。
でも、それは大部分チームや車のせいということもあります。
ここで彼からシートを奪えば、車の性能だけは一流だけど、日本のレーサーはやっぱりだめだって、世界に宣伝するようなものです。

佐藤選手がホントにそれほどの才能のないレーサーであれば、それは仕方ないことです。
でも、じゅうぶん上位を狙える、一度は表彰台の一番上に立てる才能があると考えるなら、少しくらい外国人選手に劣っていたとしても、走らせてあげてほしい。

 

そんな風に思っちゃいます。
ファンの勝手な意見なのはわかってます。でも、やっぱり彼の走る姿を見たい。
彼のいないF1GPは見る気はしない。

 

なんてことも思います。