きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

実地開始

まず、シミュレータです。
なにこれ。もしこれがゲーセンにあって100円入れろとか言われたら、蹴飛ばして帰りますよ、わたし。

 

「それではエンジンをかけてください」

 

どうやって!
‥‥なるほど、キーを回すだけでいいのね。

 

「シートベルトはどうしたんですか?」

 

エンジンをかけろって言ったでしょ〜〜!!

 

教習所の教官って、みんなこんなに根性悪いんですか?
車なんかぜんぜんわかんないからくるんですよ。先に言ってよ!

 

そんなこんなで走り出してみたわけですけど‥‥スピード感はないし、敵車もいないし、ぜんっぜんおもしろくないです。

 

二時限目・いよいよ実車です。
これはさすがに緊張しましたね〜。でも、ちゃんとシートベルトは締めてエンジンをかけましたよ。

 

「では、発進してください」

 

だから!どうやって!!

 

教習所の教官さんって、生徒が運転できることを前提に教えるわけですか?
文句を言うとこうです。

 

「MTを選んでるし、知ってると思ってた」

 

‥‥のろのろと走り出しぐるぐると周り、そこそこ楽しかったですけど。
ずっとこんな調子なのかな〜。

 

とにかく、とっとと取得して、こんなところからはおさらばだ!
がんばるぞ〜。