きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

仮免ライダー

こわっ!!

 

教習所の門を出る前に一時停止。右を見て、左を見て、右を見て、スタート。
って思ったところで、眼前を自転車が横切っていく。

 

こわいっての!死にたいのか、あんたは!
わたしを誰だと思ってるんだ。仮免一時間目だぞっ!!

もう、心臓ばくばく。今になって思うと、自転車でいつもあんな運転してるけど‥‥。

 

「はい、出て」

 

教官はなんとも感じていないらしくて、涼しい顔で発進を促してきます。
慣れて不感症になっているんでしょうか。ああはなりなくないものです。

 

‥‥あとで言ったら、ぜんぜん余裕の間隔だったとか。あれに驚いていたら公道は走れないとか、鼻で笑われました。やっぱりこの教官は意地が悪い。

 

なんとか気を取り直して再スタートに成功はしたものの。

 

バスこわっ!!あんなでっかいのが道を走っていいの!?
赤信号で突進してくる対向車こわっ!!右折できないじゃない!!

 

とにかく、こわいです。よくこんなところを携帯電話で話ながら走れますね、そこのあなた*1

 

所内コースとはぜんぜん違った世界が、そこには広がっていました。
基本から覚え直しの必要があるように感じます。とにかく慣れなんでしょうけど。

*1:たまたま目に付いたから気分的に八つ当たり