きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

さ〜て、来年の亜久里さんは〜?

ダニエレ・オーデッドです。寒さが日増しに厳しくなっていくこの頃、みなさんはすっかり暖房漬けでしょうか。
我らSAF1チームは冬のテストまっただ中です。来年は今年以上の躍進をお約束しますよ。

さて、次回は、

  1. SAF1、RA106を得る」
  2. 「栃木はホンダF1とは別会社」
  3. スパイカーの反対は?」

の三本です。来年も、見てくださいねー。

 

‥‥まとめるとこんな感じ?

 

F1通信:スーパーアグリ、2007年はホンダRA106改良版


アンソニー・デビッドソンとともにRA106がSAF1にやってきました*1。熱心なテストが今も続いています。
以前から何度か話題に上っては消えていった、ホンダF1チームの一年落ちシャーシの使用が現実的になってきているようです。2007年までの規約だと、ライバルチームに知的所有権のある車や車の部品を、レースに使用することはできないことになっています。が、どうやらこれを、第三者の企業*2を介すことで解決してしまおうと考えているようです。現在、レッドブルと、その傘下チームのトロ・ロッソがやっていることと同じになります。
そうなると、困るのは最下位確定っぽいスパイカーF1です。今年はミッドランドF1と言う名前で参戦していて、今回のRA106の使用を唯一反対していたチームです。うまく根回しして、文句の言えない形にしてから使用を考えているんでしょうけど、どうなることやら。


それにしても、なんですね。
今回も情報元でリンクさせてもらっているF1通信さんに、SAF1のテストの様子の写真がいっぱいあるんです。この写真は一目見れば、RA106だとわかるらしいです。
‥‥ゴメンなさい、ぜんぜんわかりません。下の方の今年のHondaF1チームの車と比較して、ようやく気づいた感じ。やっぱり、車の形とかって、わかりにくいですね〜。まだまだ、ファンとして甘すぎかも。

*1:チームはSA06改だと言い張ってますが

*2:栃木ホンダかプレストンの会社らしい雰囲気