きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

時をかける少女

 

時をかける少女 期間限定スペシャルプライス版 [Blu-ray]

時をかける少女 期間限定スペシャルプライス版 [Blu-ray]

 

 


ふつうに、いいですね。
昔の実写映画の続編的ストーリーだそうですが、わたしはそっちを知りません。でも、問題なく楽しめたから、こだわる必要はないんでしょう。
いわゆるひとつの青春恋愛ストーリー‥‥なのかなぁ。SFだけど、SFっぽい難しさとか、ぜんぜんなくって、良くも悪くも、アニメな感じの主人公とその友達の生き生きとした暮らしが、うまく描かれてたと思います。

 

声優さんは、やっぱり最後までちょっと微妙な感じはしたかな。ジブリの映画のような、ちょっとそういうところにこだわっちゃうのは、わたしもいくらかオタクなのかなぁ。

 

あ、でもね。泣き方。それは、すっごく自然だった。
あそこのシーンで、すべて許せちゃうかもって、それくらいよかった。

 

どう受け取ったらいいか、どうしてもわからなくて、その部分だけオーディオコメンタリートラックを聞きながら見返したのが、彼の最後の言葉の部分かな。

 

う〜〜〜〜〜〜〜ん。

 

どう、解釈するのかな、これ。いいのかな、ってそんな気もした。