きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

朝夕の食事はうまからずともほめて食うべし

にゃあにゃあにゃあ。
あー、こら! タマネギ食おうとすんなー!
ふやっ!
ったくもう。


では、本当に食べさせてはいけないものは何なのか。

それはタマネギとか長ネギなどのネギ類と、アワビの内臓、また鳥の骨や鯛などの大きな魚の骨などです。

ネギ類は猫の血に強い毒性があり、貧血や下痢などを引き起こす事があり、アワビの内臓は光線過敏症(日光に当たると皮膚炎を起こし耳などの皮膚の薄い部分がボロボロになる病気)になってしまう可能性があります。

鳥の骨は噛むと縦に細く裂ける為、飲み込んだ後口の中や内臓などに刺さってしまったり、腸に留まって腸閉塞を起こす心配があります。鯛などの大きな魚の骨は堅いので、鳥の骨と同様体内を傷つけてしまうおそれがあります。

猫はイカを食べると腰を抜かすか [猫] All About


さっそくですけど、りん子さんって得意な料理ありますか。
‥‥ホントに早速だね。ネコはどこいったんだ。

まあいいか。なに、いきなり。
いや、なんてこともないんですよ、ただ、学校で友達と女の子に作って欲しい料理の話とかしててですね。
肉じゃが。
え。マジっすか。
ってあたりが一番人気でしょ?
う、あれ?
男はみんなそう言うのよ。だから、女もみんなそう言うのよ。
え〜、なんすかそれ。
なんでか知らないけど、あんたもそう思うわけでしょ?
家庭的な女の子って言ったら、まず肉じゃがなのよ。伝統的なお袋の味でもあるのよ。素朴な日本の田舎の味なわけよ。
言われてみると、そういうイメージですね。
なんででしょう。
そもそもが、一つも当てはまらないと思うんだけどねー。


代表的な家庭料理のひとつとして食卓に並ぶ「肉じゃが」。意外にも日本に普及したのは昭和50年ごろからだそうで、その歴史はとても浅いのです。

そもそも、肉じゃがを考案したと言われているのは、明治時代、無敵のバルチック艦隊を破り、世界でその名を知られた東郷平八郎。彼がイギリスに留学した際に食べたビーフシチューの味が忘れられず、部下に命じてつくらせたのが、肉じゃがの始まりだそうです。

404 Not Found

た、確かに、家庭も伝統もお袋も女の子もぜんぜんないですね。
なんなんだろうね。
海軍がビーフシチューから生み出したのが、日本風カレーライスと肉じゃがらしいんだけどね。
この三つって材料ほぼ同じなのよ。
あ、そうなんですか。
それっくらい知っておきなさいよ。
いい主夫になれないよ。
いやいや、そんなのなる予定ないっすから。
はぁ、先のことなんてなんもわかんないんだからさぁ、だいたい今時男だって料理くらいね
ああはいはいすみません。なんでこんな話になってんのかな。
まあ、んで、日露戦争から帰ってきた兵士たちが、家庭に広めたらしいんだけど、まだまだ肉食は庶民の間で一般的じゃなかったせいか、そのときはあんまり広がらなかったらしいの。
さっきの資料にもあったとおり、普及したのはホントに新しい料理なんだよね。
なんで大昔からあったように感じるんですかね。
さてねー。見た目が和風なのかな。



この間のカレーの材料の残りがそろそろあぶなくなってきました。

んじゃ肉じゃがにしようと思いついて、なんとなく。

知ってるひとには有名ですが、知らないひとは全く知らない物語‥‥。