きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

世界樹の迷宮II 諸王の聖杯

 

 

 

「じゃあ、俺はここで。無事に帰ってこいよ」

 

そう言って衛兵は去っていった。
なんだこれは。いったい何が起きたんだ。
まてまて落ち着け。
そう、これは冒険者としての試験だ。たしか、迷宮の地図を作成するのが課題だったはず。
それが、なんだ。ここはどこだ。なぜ、迷宮の奥地に放り出されてしまったんだ。俺たちは初めての実戦なんだぞ。

 

──ああ、なんだ、そういうことか。

 

初めてだからと言ってここから生きて帰れないような冒険者は不要だと‥‥そういうことだな。
上等じゃないか。あの衛兵も、どうせ俺たちは戻ってきやしないと思ってるに違いないさ。だが、そうはいくもんか。

 

俺はまだ困惑している四人の仲間に対して一言「いくぞ」とだけ、言った。

 

「お、おう」
「そうだね、いこう」
「なんとかなるだろ」
「こんなところで死ねないわよね」

 

ついさっき出会って仲間になったばかりの即席パーティだったが、思ったよりは頼りになりそうな連中らしい。

 

‥‥っと、出たな。化け物ども。

 

「きたぞ」
『おうっ!』

 

さて、なんとか街へ戻ったところで一旦休憩です。
細かいところが色々と改善されていて若干の違いはありますけど、ほぼ前作と同様の操作性で、やったことあるひとなら説明書はいらないと思います。
あ、前作でのパスワードを入手していたひとは、入力するとちょっといいことあるかも?
わたしはそんなの持ってないので、特典は無しですが‥‥。

 

例によってまとまった時間が取れないんですよね〜。また、積みゲーになっちゃうのはもったいないなぁ、なんて思っているわたし。そんなわたしに朗報です。
なんと今回のIIは、迷宮の中で中断セーブができます。これがあれば短い時間遊んですぐ終了のプレイスタイルにも対応していて大助かりです。

 

もっとも、これが生かされるのは外で遊ぶときなんですけども。
わたしどうしても、抵抗あるんですよねー。