きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

みてはいけない

 

みてはいけない

みてはいけない

 

 


夏らしいゲームでちょっと期待してたんですけど、いいところを探すのが難しいくらいにすさまじいデキです。

 

表示された心霊写真をよく見て怪異な部分を見抜き、そこを塗りつぶして*1浄霊していくことでクリアしていくゲームなわけですけども。

 

  1. どこに霊がいるのかわからない写真が多すぎ
    • ただでさえ解像度の低いDSの画面で決して明るくもなく写りもよくない写真を見せられても
  2. 範囲判定がふざけてる
    • 霊の部分を残さずにはみ出さずにキレイに塗らなければならないのに、霊とそうでない部分の境目がさっぱりわかりません。とにかくわかりにくい。
  3. ナレーターの演技が下手
    • どこの素人を引っ張ってきたのかと思いました
  4. 効果音がチープ
    • 大人とおぼしき霊を浄霊すると「ぎゃおぁー」で子供とおぼしき霊だと「きゃははは」です。これがまた下手な上にステレオタイプと言うかひねりがないと言うか‥‥。
    • 持ち時間タイマー代わりのろうそくが短くなっていく時の音に男性の吐息が使われていて、これがひたすら最強に気持ちが悪いです。ここで言う気持ちが悪いと言うのは霊的で不気味の類ではなくて、変質者の荒い息にしか聞こえないってことっです。恐らく苦しげな息づかいのつもりだったのでしょうが外しまくってます。


ひたすら考えてもほめる部分が見あたらない‥‥。

*1:タッチペンでこすったところが燃え上がっていく