きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

三十路女の借金返済days

 

三十路女の借金返済days

三十路女の借金返済days

 

  

ふつうの独身OLが、出来心からついつい多額の借金を抱えてしまってさあたいへん。なんとしても返済していかなきゃ! という、本ですね。
三年足らずで180万円を完済してしまったのはすごいことですけれど、正直な所、節約術の参考書としてはあまり使えない本だと感じました。エッセイとして読めば気楽に読めて面白いのですけれど。
どこが不満かと言えば、そうですね、特に困ってないひとでも思いつくような生活費の削り方ばかりなんですよね。わたしもふだんからやってるような、たとえば自炊をするとか家計簿をつけるとか、身も蓋もない言い方をすればありがちなことばかりだと思います。

 

ただ、その節約生活から生まれたお料理レシピや、お金をかけずに肌をキレイに保つための方法など、ところどころに「これは!」と思わせる光るアイデアもあるからあなどれません。そこだけでも読んで良かったと思うかも。

 

‥‥しかし、なんでこんな本読んだんだろう。ふしぎ。