きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

掃除のあとは収納だ

 

必要なものがスグに! とり出せる整理術! (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

必要なものがスグに! とり出せる整理術! (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

 

 

 

これはもう、ひたすらためになります。
整理整頓の基本中の基本を、コミカルかつ単純明快で明朗会計に、ずばっと要点を絞って実践していくコミックエッセイです。
なにしろ汚部屋出身の池田さんですから、整理も当然のようにド下手です。だが、それがいい。だからこそ、同じく整理や収納が得意じゃない読者の心をわしづかみにして離さないのです。

 

ためになる内容の一例を挙げると『同じものは同じもので一カ所にまとめて置け』があります。
ペンはペン、テープはテープと言うように、引き出しをあければ欲しいものが必ず見つかる体勢を整えておけばいいわけです。これ、言うは易いわけですけど、具体的にどうやればいいのかと考えるとなかなか思考の袋小路から抜け出せないです。

 

 

 

 

そこで、こんなレターケースが推奨されていました。
ついつい買っちゃったりしましたけどね
え、えっと、一番上にペン、二番目にはノリやテープ類、のようにキレイにまとまりました。うん、爪切りとか体温計とか、いろいろ詰まってます。

 

その他にも様々なアイテムの整理法のツボを、実体験を元におもしろおかしく伝授してくれますが、中でも一番ためになったのは"紙もの"の整理法かもしれません。

 

領収書や請求書や説明書や保証書や‥‥ペーパーレス社会ってホントに実現されるのか怪しい気分になるほど、紙の束は一向に減ることなくあふれかえる勢いで増え続けていきます。何がどうエコなのかわからない世の中ですよね。
うん、愚痴ってても仕方ないです。減らないならうまく整理するしかないんです。
そう、そんな悩みを、見事に簡潔にそして安価に! 誰でもできる形で独創的に解決してくれているのですよこの本は!

 

あんまりネタばらししすぎるのもなんなので、これ以上は言えません。
だから、読め。

 

これは読まなきゃ損だ。ぜひ読め。いいな?

 

以上!