きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

第二段階の3:ケーススタディ

運転中の自動車からすると、バイクがどれだけ見落としやすい存在か。
これを二人の教官が実際に自動車とバイクを用いて、様々なシチュエーションを作りながら教えてくれる授業です。今回はおもに車の助手席で見学しながら、ときどき教官の質問に答えていく形式でした。

 

たとえば、車が右折しようとするところにバイクが直進で突っ込んできたり、車が左折しようとするところでバイクが巻き込まれそうになったり。
最初からわかっている上で、もちろん安全のためにそれなりに距離を取った上でのシミュレーションですけど、それでもこわかったですね。

 

うん、かなり勉強になりました。

 

で、最後にコースを何周かして終わりです。

 

「どうして安全確認を左からするんですか?」

 

う、痛いところを突かれた!! や〜、クセなんですよね〜。気をつけます。