きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

隙間

窓の外から差し込んでくる優しい朝日。
小鳥たちの歌声。


ああ、なんてさわやかな目覚め。



これ状況わかりますか。
こじろ*1が両手を突っ込んでるところが膝の裏です。
枕にしているのが、ふくらはぎです。
手前の壁が、たぶんふともものあたり。




‥‥こんなかっこでずっと寝てたのかわたしは。
どーりで体に持久走のあとのような疲れがたまっているわけだ。


やー、しかし、寝返り打たなく打てなくなりました。
ネコが体に触れていたらそのまま動かないで寝続ける習慣がこびりついてしまったようです。


とりあえず、アドエスでぱちりと。うん。


今朝もかわいい。

*1:飼い猫