きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

まんまんちゃん、あん。

 

まんまんちゃん、あん。 (1) (バーズコミックス)

まんまんちゃん、あん。 (1) (バーズコミックス)

 

  

問題作・話題作を次々と生み出すきづき&サトウ*1ペアの大傑作。

 

なかなか表に出てくることのないお寺の裏。
お金、経営、跡継ぎ、その他もろもろ。
いつものようにエグいまでにどろどろと描き上げています。

 

だからと言って読後感が悪いわけではなくて、でも軽くもない。
重くおなかの底に残るけど不快感じゃない、ふしぎな触感、みたいな。

 

このお話は、ふとしたきっかけから、高校卒業直後にとつぜんお寺にお嫁にくることになった、貧しく子だくさんな家庭出身のめぐりちゃんが主人公です。

 

さあこれから次期住職の信玄さんのお嫁さんとしてがんばるぞ!

 

その矢先に突然訪れた信玄の死。
彼女を中心に巻き起こる後継者争い。

 

お寺は住職のものではない
まるで
「株式会社は社長のものではない」
と同列に語られる、考えてみれば当然だけど考えることすら無かったびっくりするほどの道理。

 

誰が誰を好きなのか。
欲しいのはお寺なのか居場所なのか、それとも誰か、なのか。

 

一気に最後まで読んじゃいました。
全三巻。

 

かわいい絵に騙されてたらたらと読んでたら大ショックを受けるぞ〜。

 

 

まんまんちゃん、あん。 (2) (バーズコミックス)

まんまんちゃん、あん。 (2) (バーズコミックス)

 

 

まんまんちゃん、あん。 (3) (バーズコミックス)

まんまんちゃん、あん。 (3) (バーズコミックス)

 

 

*1:作画のきづきさんが奥さんで原作者のサトウさんが旦那さんだそうです