きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

ザ ハウス オブ ザ デッド: オーバーキル

 

ザ ハウス オブ ザ デッド: オーバーキル(通常版) - Wii

ザ ハウス オブ ザ デッド: オーバーキル(通常版) - Wii

 

  

これです。こういうのがいいの。
バイオハザードのようにストーリー性とか謎解きとかもうどうでもいい。

 

とにかくぶっ放してぶっちらばしまくりが気持ちいい!!

 

そんなガンシューゲームです。
これは元々アメリカで成人指定のゲームとして発売されていたものなので、もう手が飛ぶ足が飛ぶ頭も飛ぶの大盤振る舞いなのです。これよ、このためにWiiザッパーがあるのよ!

 

あ、でもね、耐えられないほど気持ちが悪いわけでもないのが絶妙と言いますか、爽快感が圧倒的に勝る感じの楽しいゲームですよ。子供には向かないと思うけど大人でガンシュー好きならやらないとうそ。買え。

 

さて、名作ガンシューであるハウス・オブ・ザ・デッドシリーズのプロローグ的存在となっている本作は、シリーズ共通の敵キャラであるゾンビ*1発生の秘密を暴き、解決しようとする黒人刑事と白人エージェント*2が活躍するストーリーです。

 

が、そのへんはまあ、どうでもいいといえばいいです。

 

楽しいのは二人の漫才会話なんですよ。
とにかく、刑事のワシントンが下品で好きです。
二言目には

 

マザーフ**カー!!*3

 

ですから、笑うしかありません。
何度もやられるとあきれるより親近感がわいてくるのが不思議ですね〜。
うん、大好きなキャラです。

 

そんなこんなでストレス解消にはぴったりのこのゲーム、いろんな武器を扱えますけど、おすすめはマニュアル操作のショットガンです。
バランスのいい心地よい撃ち心地ですよ。

 

難易度はちょうどいいです。
というか、他のゲームと比較すると思いっきり簡単かもしれない。
たぶん誰でも一度目でコンティニュー回数がつきることなく*4最後までいけるんじゃないかと思います。

 

フリー射撃モードもありますし、クリアすれば遊べる上級者モードもありますから、それなりに楽しめると思いますですね。

*1:ゲーム中ではミュータントと称されています

*2:シリーズの顔的キャラクター、Gです

*3:原文ママ

*4:プレイ内容によってもらえるポイントを消費してコンティニュー