きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

パッセンジャーズ 特別版

 

パッセンジャーズ 特別版 [DVD]

パッセンジャーズ 特別版 [DVD]

 

 

飛行機事故で生き残った5人の乗客たちの心の傷を癒そうと、セラピストのクレアは事故の真相を追究し始めた。しかし、事故に関する新事実を口にした生存者たちが次々と姿を消し、クレアは航空会社の人間に尾行され始める…。アン・ハサウェイを主演に迎えて贈る驚愕の心理サスペンス。
(Oriconデータベースより)

思った以上におもしろかった映画です。
まだ内容を知らないひとは一切の前知識を得ずに見てみることを勧めます。
例によってアマゾンレビュー等はネタバレ上等なのでそちらもシャットアウトで‥‥。

 

‥‥そうなると実に語ることが限られるわけですけど。

 

あ、中盤で一カ所、またハリウッド映画の悪い癖が出たか。こりゃもう期待できないな、と思わせる部分があります。
でも、最後まで見てからその部分を再度思い返してみると、これがある意味*1必要というか伏線というか、結果的にムダじゃない部分だったのがすごいなと感じました。

 

そして終盤に向かって行くにつれて、きっとあなたの心にはある疑念が湧いてくるでしょう。
その疑念がそのまま正しかったのか、あるいは最後にひっくり返されるのか。
どちらも正しく、またどちらも正解とは言えないかもしれないです。

 

まあ、とにかく見てみれ、と、そんなタイプの映画かなぁ。

*1:強引に好意的に見てしまっている可能性もありますが