きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

ザ・バンク 堕ちた巨像 コレクターズ・エディション

 

ザ・バンク 堕ちた巨像 コレクターズ・エディション [DVD]

ザ・バンク 堕ちた巨像 コレクターズ・エディション [DVD]

 

 

世界の富裕層から莫大な資金が集まる、欧州を代表する巨大銀行IBBC。
しかし、その取引には、ある違法行為の疑いが・・・。
核心に近づくたび断ち切られる、真相解明の糸口。
サリンジャーは、強大な権力をまとったメガバンクに、一人で立ち向かう決意をする。
そして、真実を暴くため、彼は法の粋さえ越えようとしていたー。


おもしろいです。
息もつかせぬ展開とアクションに、二時間近い作品ながら時を忘れて見入ってしまいました。
あ、少々入り組んだ部分があって、時間をおくとわかりにくくなるかも。見るときは時間を作って一気にがいいですね。

 

主演のクライヴ・オーウェン演じるサリンジャー捜査官がとってもセクシーですよ!
やっぱいいよね、無精髭ね。汚い無精髭はカンベンだけど、似合うひとにはこの上ないアクセサリーだよね。

 

ナオミ・ワッツもキレイだったけど、あんまり興味ないひとだから特に言う事無し。
年齢を感じさせないな〜とは思ってちょっとうらやましいかも。

 

で、とにかく印象的だったのが、美術館での銃撃戦ですね。
巨大な吹き抜けの建物の中で、死闘の始まりを予感させる視線の交わりがもう最高。
その後に続く鉛玉の応酬も、ガンシュー好きにはたまらないご褒美です。
ああ、でも、こういうのだとFPSだろうね。酔うからムリだな。

 

ニューヨーク、ベルリン、ミラノと世界中様々な都市が舞台として登場しますけど、とにかくどこより終盤に登場するイスタンブールの町並みがキレイです。ここいいなあ。一度行ってみたいなぁ。

 

多国籍メガバンクの闇。その巨大な資本が司法さえもゆがめてしまう。
正義とは何か。法に従って粛々と戦うことなのか、それとも‥‥。

 

やはり血は血で贖うしかないのでしょうか。

 

わたしにはわっかりませ〜ん。
そんな面倒なこと考えなくても見られる映画だしね♪