きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

今期も豊作でした

なぜか番組改編期には毎回のように「今期は不作だ」と言われ続けている気がしますが、終わった頃にはいつだって「昔はよかった」になるのです。


さて、年末に向けてお気に入りだったアニメが続々と最終回を迎えていきます。
あんまり数は見ていないんですけどね。まあ、見ている分だけ。昨日終わったやつ。

にゃんこい

原作は文句なしにおもしろいです。
ちょっと少女マンガ風味の基本ラブコメで、キャラはみんな立っているし絵的にもさしたる問題はないし、誰にでもオススメできて安心できる佳作です。

アニメの方はどうだったかというと。
原作にほぼ沿っていた前半はまあ完璧。多少のアレンジはあったもののそれも上手にこなしていた印象です。
対して後半は、アニメオリジナル展開が目立ち、問題を多々感じました。
別に原作通りやらないからいけないと言ってるわけじゃないんです。オリジナル回は誰も彼もキャラが別人になっちゃってるところが問題なんです。原作と比較するまでもなく、アニメの前回と今回で性格がまったく違っているのがはっきりわかりました。
オーバーアクション主体のギャグメイン回ばかりになったせいもあるんでしょうけど‥‥‥やっぱぬぐいきれない違和感が目立ちましたねぇ。


とはいえ、最終回までにうまく話を収束させた手腕は見事です。まだ完結していない原作ベースにしてそれなりの最終回らしい最終回を見せてもらいました。
小言も言いましたけど通しで考えておもしろかったし好きでした。


続編があったら必ず見るでしょう。

けんぷファー

これ、不当に低い評価に甘んじている残念なアニメだよ。
一話で切っちゃったひと*1惜しいことしてます。実はメチャおもしろいんですよ。
一言で言えば、


ばか。


ここまでやりたい放題好き放題を見せられると、もはやひれ伏して嫉視するしかありません。いいなあ、フリーダムだなぁ。

とにかく、


大ばか。


男子中学生が夢中になって見るようなお色気シーンも満載よ。
いいのかこれTBS、って感じ。


それにしても、臓物アニマルのぬいぐるみは発売されないのかな〜。
あ、スクリーンショットの痛々しいぬいぐるみたちがそれです。
かわいいよね。


こちらは原作はまったく知りませんから比較はできません。
ただ、ひたすら勢いがあってもう止まらないです。


今期で一番好きだったのがこれだったりするんですよ。

*1:多いらしい