きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

ちはやふる(1)

 

ちはやふる(1) (BE・LOVEコミックス)

ちはやふる(1) (BE・LOVEコミックス)

 

  熱いわ!

 おもしろいって言うから読んでみました。
なるほど、マンガってすごい。百人一首のかるたがここまで熱い展開になるなんて!

 

思えばそうですね、麻雀とか将棋とか、ある意味実に地味な題材だってマンガになればもう格闘マンガもびっくりのスポーツマンガになったりするもんね。かるただってアリだよ、うん。いいところに目をつけたマンガかも。

 

さて、とりあえず買ってみた一巻目は小学生編でした。
主人公・千早のかるたとの出会いや、かるたを通じた新しい友達との出会いと古くからの友人とのさらなる友情、と言った、ほほえましくもほろ苦い子供期特有の心の機微などが優しく描かれていたと思います。

 

いいところで終わっちゃってんのよね、これ。

 

というわけで、アマゾンさまにとっとと注文しますかね。