きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

インディーカー第二戦 セント・ピーターズバーグ その2

フロントタイヤのグリップがなくなってしまって、ピットに入りたいと無線で伝えましたが、燃費などの作戦もあってチームとしてはもう少し周回数を引っ張りたかった。あのアクシデントの2周ぐらい前から、フロントタイヤはまったくグリップしなくなっていて、オーバーテイクされないライン採りで走ったらコーナーでマシンが曲がらず、壁にヒットしてしまいました。

IRL:ホンダモータースポーツリリース”雷雨により月曜に延期されたレースでウィル・パワーが開幕2連勝"

ピットインさせろよ!

 

と強く思うんですがどうでしょう。
おそらくタイヤがもうダメ、の受け取り方がドライバーとピットで違ったために起きた悲劇だと想像するんですけどね。

 

つまり、意思の疎通に齟齬があったのかな。
佐藤選手は英語に問題があるドライバーではありませんから、やっぱりF1とインディのノリの違いなのかもしれないな。

 

ほら、インディはかなり体育会系のレースですからね。
本気でダメだと思ったらムリヤリにでもピットインしちゃわないとだめなのかもしれない。


タイヤ交換をしたい。ピットに入れてくれ
ああ? なめたこと言ってっと泣かすぞ? あと5周走れや
っだごらぁ! 入るっつったら入るんじゃ! タイヤの準備しとけ!!
よぉ吠えた! 吐いたつば飲まんとけよぉ!?


こんな感じが理想ですかね。

 

そんなことを思った決勝レースでした。

 

まあね、まだ二戦。チームメイトの一人は昨年開幕七連戦でリタイアを繰り返したらしいですから、だいじょーぶ。おっけおっけ。はい!

 

武藤選手は14位完走。おめでとうございます。

 

その他レース結果の詳細はこちら