きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

WORKING!! 第11回 『あの頃の二人、八千代と佐藤。ようこそ小鳥遊家へ』

そうなんですよね。
わたしも長いこと佐藤さんと相馬さんは社員かフリーターだと思ってたのに、意外や意外、大学生のバイトらしいんですよね。
だって、いつ覗いても厨房にこの二人しかいないんだもん。ぜったいそう思うよねぇ。



在りし日の佐藤さんが八千代さんに惚れた日の図。


ファミレスに限らず、パートやバイトで動いてる職場は、ひとの動きが激しいですよね。
わたしも以前に一年弱……かな? ファミレスバイトしてたときに、その間だけでも二桁人数が消えてまた増えてたもの。けっこう寂しいといえば寂しいんだけど、結局そこだけのつきあいだったし、どうということもなかったかなぁ。


現ワグナリアメンバーのように、職場を離れてつきあえる友達が増えるのって、いいですよね。
ちょっとうらやましい。


さて、山田回。
山田部屋広っ!! まあ屋根裏の物置ですけど、広いです。これはいい環境です。
ただ夏がきついよね。これは蒸し風呂だよ。

って、ああ、ここ北海道だ。
8月だってストーブが必要って言うじゃないですか。そりゃ心配ないよね。


……って、この部屋冬に凍死だよ!! 安心できないよ!!


そして山田の意外な一面。
おお、リンゴの皮むけるんだ。や、いまの子ってあんまりいないですよ、これできるの。

どこにでもなじめて憎まれないのも才能ですよね。やっぱ育ちのいい子なのかもなぁ。


最後に。
いつも通り伊波さんは乙女でした。ぽぷら先輩は出番が少なめでした。
以上。